武蔵高速印刷のこと

企業理念

人と人とのつながりを大切に、
心豊かな社会に貢献していきます。

コーポレートスローガン

人と紙をつなぐ

これまで印刷は、多くの人とのつながりと豊かさをもたらしてきました。
たった一つの印刷物でも様々な工程をひとつひとつ人の手によって造られ、みなさまのもとに物語や情報を届けてきました。

みなさまに印刷物をお届けする企業として、創業当時から“人と人とのつながり”を尊重すること、そして“紙”への印刷を通じて伝わる想いを大切にしてきました。

これからも喜ばれる印刷物を目指し、 “人と紙をつなぐ印刷”へのこだわりとその印刷が生み出す新たな価値創造をみなさまに変わらずに届けていくという想いが込められています。

社長メッセージ

代表取締役社長
海老沼 啓之

武蔵高速印刷は、戦後の紙媒体による情報・文化の伝達として1968年に創業しました。
電話帳の印刷からはじまり、雑誌・漫画など多岐に渡る印刷物に携わり、品質へのこだわりを皆様からご評価をいただき、多くのご愛顧を頂きながら今日に至ります。

創業以来、変わることのなく「人」を 尊重する姿勢を大切にして参りました。
時代の変化の中でも出会いと「人間力」を礎にし、デジタル化との融合を果たしながら、武蔵高速印刷が培ってきた紙媒体だからこそ活きる情報・文化の伝達として、技術力・人間力にますますの磨きをかけて、皆様に喜ばれる印刷物を届けて参ります。

今後ともより一層のご期待とご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

武蔵高速の人

印刷オペレーター(輪転機)

狭山、狭山台ともにAT輪転機に特化して、書籍・カタログ・約款などの印刷を幅広く手掛けております。用紙の幅を変えることにより、特殊なサイズにも対応しています。自分の手掛けた印刷物を街中で見つけた時がやりがいを感じる瞬間です。

印刷オペレーター(輪転機)

印刷オペレーター(枚葉機)

ポスター、カレンダー、カタログ、楽譜、ノートなどを色調の優れた植物油インキを使用し、印刷しております。紙に時間をかけて自然乾燥させ、インキを染み込ませることで、平たく綺麗に光沢します。
お客様から色味を褒められることがとても嬉しいです。

印刷オペレーター(枚葉機)

営業

お客様の課題解決の為に、ご要望を細かく承ります。長年培ってきた印刷のノウハウでお客様のニーズにあった最善のご提案をします。お客様のビジネスパートナーとして、ぜひ当社をお役立てください。

営業

会社概要

会社名 武蔵高速印刷株式会社 (英文名:Musashi Printing Co.,Ltd)
代表者 代表取締役社長 海老沼 啓之
創業 1968年
資本金 2,000万円
従業員数 43名
所在地 【本社・営業部】
〒174-0076 東京都板橋区上板橋3丁目19番16号
代表 TEL:03-3934-8000/FAX:03-3934-8017
営業部 TEL:03-3934-9000/FAX:03-3934-8017

【狭山工場】
〒358-0014/埼玉県入間市宮寺 4095
TEL:04-2934-1558/FAX:04-2934-3189
【狭山台工場】
〒358-0033 埼玉県入間市狭山台 4-9-1
TEL:04-2934-7876
【新座工場】
〒352-0011 埼玉県新座市野火止 3-15-40
TEL:048-489-3111/FAX:048-482-3625

事業内容 各種印刷(オフセット印刷主体)・企画・制作
営業品目 雑誌・漫画・辞典・楽譜・専門書・学術書・ポスター・カタログ・パンフレット・ リーフレット・カレンダー・ラベル・販促物等
主要取引金融機関 きらぼし銀行 上板橋支店/みずほ銀行 池袋支店/三菱UFJ銀行 西池袋支店
関連会社 株式会社ケーエムピー

【本社】 各工場の情報はこちら

沿 革

1968年 東京都板橋区上板橋に海老沼稔(故人)が電話帳印刷を目的として共同オフリン印刷株式会社を設立(AT倍判オフセット単色輪転機1台導入)
1975年 事業の発展に伴い、埼玉県入間市宮寺に狭山工場を新設。本社移転と同時にAT倍判オフセット単色輪転機を2台導入、武蔵高速印刷株式会社に社名を変更
1984年 狭山工場にAT全判オフセット4色輪転機1台を増設
1985年 狭山工場にAT倍判オフセット2色輪転機1台を増設。東京都板橋区上板橋に営業部を開設
1990年 狭山工場改築の為、仮工場を開設し、設備を移設
1991年 狭山工場の完成と同時にAT倍判オフセット2色輪転機2台を新設備に更新
1993年 関連会社の奎文堂印刷(板橋区上板橋)より枚葉印刷設備を承継
(菊全4色機、菊全2色反転機)
1994年 埼玉県入間市宮寺から東京都板橋区上板橋に本社を移転
1995年 狭山工場にAT全判オフセット4色輪転機1台を増設(カラー2台体制となる)
2000年 埼玉県新座市野火止に新座工場を新設、板橋区上板橋より菊全4色機、菊全2色反転機を移設
2001年 海老沼啓之 代表取締役社長に就任
2004年 埼玉県入間市狭山台に輪転印刷工場として狭山台工場を新設。
同時にAT全判オフセット4色輪転機1台を導入
2005年 狭山台工場にCTP出力設備を導入
2006年 新座工場 菊全2色反転機を更新
2008年 新座工場にCTP出力設備を導入
2009年 新座工場 菊全4色機を更新
2011年 狭山台工場のCTP出力設備を狭山工場に移設・更新
2012年 豊島区南大塚に営業部を移転
2018年 創業50周年